2013年1月23日水曜日

台湾を日本語だけで旅行出来るか


台湾では一度も言葉に困りませんでした。


ホテルはビジネスホテルをもう少し良くした感じのホテルでしたけど、フロントの人はほとんど日本語が通じましたし九份にバスで行きたいと行ったら行き方のメモを漢字、ひらがな、カタカナを使い分けて書いてくれました。


タクシーでは行き先の書いた紙を渡すか、ガイドブックを見せて行き先を指でさせば通じます。


MRTという台北市内の地下鉄に乗るときは路線図があれば簡単に目的地に行けますし、チケットも券売機の上に貼ってある路線図の金額のものを買うだけなので簡単です。


レストランなどの店も基本的に写真付きのメニューがありますし、写真付きメニューが無いところにも行きましたが漢字でだいたいの意味がわかるので注文出来ます。


マッサージ屋も日本語は通じませんでしたが、日本語のメニューがあったので選ぶだけでした。


飲食店やマッサージ店など場所によっては日本語が通じない店も多いですが、日本人観光客を意識してなのかちゃんとメニューには日本語訳がついているものも多いので助かりました。


英語や北京語、台湾語など一切わからなくてもなんとか旅行出来ます。


今まで行った海外旅行の中で一番楽だったかも。


初めて1人で海外を旅するなら台湾は言葉的にも楽なのでオススメです。


《HISの台湾旅行特集へ》

0 件のコメント:

コメントを投稿