2013年1月22日火曜日

台湾の台北でのタクシーについて

台湾の台北はタクシーが便利です。

 タクシーは黄色の車体でニューヨークみたいな感じなので、とてもわかりやすくて便利ですがもっと良いところは価格です。

 とりあえず日本から比べると考えられないくらい安い! 初乗りが70元。2.8倍して計算すると196円。そこから5元ずつメーターが上がっていく感じです。

 車種も様々で古いタクシーもありますが、新しいものに当たればプリウスのタクシーとかもあります。 3泊4日で合計10回以上タクシーに乗りましたが、一度も危険なことや変な料金を請求されたことはありませんでした。

 確か、23時から6時過ぎくらいまでは20%くらいの深夜料金を取られますので、お金がぎりぎりなときには気をつけましょう。

 タクシーはそこらへんに沢山走っているので、すぐにつかまります。

 タクシーの運転手はあまり日本語が出来る人がいないので、乗る場合には行き先の書かれたメモを渡すか、ガイドブックに印を付けて渡すとスムーズに行き先まで連れて行ってくれます。 結構、手を上げるとすぐに停まってくれるので行き先のメモは事前に準備しておくと良いです。

 僕が乗ったタクシーは基本的に良い人ばかりで、日本語や英語が出来なくてもなんとか台北の紹介をしてくれようしてるような人でした。

 短距離でもちょこちょこ乗れるので、歩き疲れたときやアクセスが悪いところに行くとにはオススメです。

 台北市内の移動なら100元~200元くらいでしたので、100元のお札を準備しておくと支払いが楽です。

 2012年2月からはシートベルトの着用が義務化されたらしいので、タクシーに乗るときには忘れないようにしましょう。


《HISの台湾旅行特集へ》

0 件のコメント:

コメントを投稿